海外経験ゼロでも「英語ができる人」はどのように勉強したのか?

Share on Facebook
Bookmark this on Hatena Bookmark
Hatena Bookmark - 海外経験ゼロでも「英語ができる人」はどのように勉強したのか?
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip

最近以下の本を買いました。
その名もズバリ、
海外経験ゼロでも「英語ができる人」はどのように勉強したのか?

「海外経験ゼロで」というのが良いですね。
彼らは日本で英語が出来るようになったわけです。
この本は今度行うセミナーや英会話の本を出版する際とかの資料にしようと思って購入したのですが、
とても良い勉強方法がたくさん紹介されています。
中でもオススメは本書の30ページに紹介されている「ディクテーション」です。
ディクテーションとは音声を聞いてそれを文字に書き起こす作業です。
媒体は何でも良いのですが、
例えば映画とかニュースの音声を文字におこしてみてください。
・・・意外と難しいです。
意外とというか、全然出来ないですよね。
はい、ろじろじも昔は出来ませんでした。
今も知らない単語とか聞き取れない言い回しとかが出てくると分りません。
ただ、やってみると面白いのですが、
何度も何度も聞いているとだんだん聞き取れてくるのです。
その具体的な方法についてご紹介します。


「ろじろじが以前やっていたディクテーション学習方法」
・自分の好きな映画やドラマの好きなワンシーン(約3分)を選ぶ
・その媒体の字幕テキストを入手する→これは「movie subtitle」と検索するとけっこう出てきます
・映画を一度見る(ワンシーン)
・2回目からは映画の音だけを聞いて文字におこしてみる。この時スペルとかは気にしない。聞いたままの音を書き出してみる
・5,6回くらい聞いて、もうこれ以上聞き取れないとなったら、回答(字幕テキスト)を見てチェックする
・最後にもう一度聞く。これによって、聞き取れなかった単語がウソのように聞き取れる
ろじろじは「バック・トゥ・ザ・フューチャー」を聞きまくってました。
ポイントは自分の知っているストーリーで、何度聞いても苦痛にならない内容のもので、
スペルを気にしないで集中して聞く。音を聞いている時は目をつむって、耳だけに脳を集中させましょう。
これだけです。
英語勉強用のつまらない内容のCDを何度も聞くのは誰だって苦痛だし、飽きます。
好きなものを使って学習した方が長続きすると思います。
実は最近またディクテーションを始めました。
理由は今度お伝えしたいと思いますが、
あるアプリを開発中です。
もちろんディクテーション用アプリです。
多分来月には公開できると思いますので、期待しててください。
なんとかセミナーまでに間に合うと良いのですが。
それでは。
ろじろじ

This entry was posted in 英会話学習方法 - How to study English. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>