アメリカ抽選永住権(DV-2013)の写真編集方法

Share on Facebook
Bookmark this on Hatena Bookmark
Hatena Bookmark - アメリカ抽選永住権(DV-2013)の写真編集方法
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip

アメリカ抽選永住権(DV-2013)の写真編集方法を載せています。
あくまで自己責任でお願いします。
まずは、以下のページの「Japanese」のリンクから日本語による説明がありますので、
そこを読んでください。

http://travel.state.gov/visa/immigrants/types/types_1318.html

さてっ、読みましたか?
では、DV2013の申込を行う上で一番やっかい(?)な写真作成について説明します。
あくまで自己責任ですからね~
一応、重要そうなところだけ抜きだしておきます。
頭の位置:
頭の高さや顔の大きさ(頭髪も含め頭上から顎の下まで測定)は、写真全体の 50%~
69%を占めている。目の高さ(写真の一番下から目の位置まで測定)は、写真の 56%~
69%の間であること
背景:
人物は、淡く明るい色の背景の中央に写っている
装飾品:
サングラスや装飾品等で顔が鮮明に写っていない写真は受理されません
まぁ、とにかく、ちゃんと本人である事が確認できるような写真であれば良いのです。
白い背景で、まっすぐ前向いてメガネとかもかけないで、ちゃんと映っていればOKです。
あとは、位置とか大きさが合っていればOKです。
—–
写真データを作るには2通りの方法があります。
1.デジタルカメラの写真を使う
2.スキャナーで写真を取り込む

1.デジタルカメラの写真を使う

以下が条件となります。

確認項目 詳細 コメント
サイズ 最低でも600ピクセル×600ピクセル
、最高で1200ピクセル×1200ピクセル
カラー 24ビットカラー 普通のデジタルカメラは24ビットカラーになっているのでこれは気にする必要はありません
ファイル フォーマット jpegフォーマット 画像を保存するときに「jpeg」を選択しましょう
ファイル サイズ 240kb以下 ファイルサイズが240kb以下になっている事を確認しましょう
圧縮率 20対1 良く分からないのですが、あまり気にする必要はないと思います。多分jpegを保存する際に聞かれる圧縮率の事だと思います。圧縮率を高くしすぎると画像が粗くなる為、240kbよりも少し小さいくらいのサイズに合うような圧縮率を選べば良いと思います。
実践!
1.三百万画素以上のデジタルカメラで一番高画質なフォーマットで写真をとります。携帯のカメラは最近の機種だったら多分問題ないと思います。
  写真の撮り方は以下を参考にしましょう
  http://travel.state.gov/visa/visaphotoreq/photographerguide/photographerguide_5332.html
  とにかく、ズームとかしないで普通の状態で撮ればOKです。
2.写真をパソコンに取り込みます
3.写真を取りこんだら、位置、サイズの修正を行います(以下にて説明)

2.写真をスキャナーで取り込む
以下が条件となります。
2×2インチ (51mm×51mm)スキャンする際の解像度は300ピクセル/インチ (12ピクセル/mm)
実践!
1.まず、どうにかして写真をGET。写真屋さんとかスピード写真とかでパスポート用の写真を取ればOKです。
2.その写真をスキャナーで取り込みます。この取り込みを行う際に、解像度を設定する箇所がありますので、300ピクセル/インチを選択しましょう。
この解像度が300より低い値で取り込んじゃうとアウトですので気をつけてください。
また、取り込む際はちょっと大きめのサイズで取り込みましょう。つまりちょうど2×2インチではなくて、2.3インチ×2.3インチくらい、ちょっと大きめにスキャンします。後でサイズを修正する為です。
3.写真の位置・サイズを修正(この説明は以下にて)
写真の位置・サイズ修正
オフィシャルサイトに画像の位置・サイズ修正ツールが公開されています。
このツールで写真のサイズ、位置を修正する事ができます。

http://travel.state.gov/_res/flash/cropper/FIG_cropper.html

画像にUPする際の注意事項:
1. 画像のフォーマットはJPEG(とにかく画像はjpegで保存しておきましょう)
2. 画像サイズは600ピクセル×600ピクセルよりも大きい事
3. 画像圧縮率は30:1を超えない事
4. アプリで表示される四角のガイダンスに入っていないとトリミング出来ません
実践!
1.次のページにアクセス

http://travel.state.gov/visa/visaphotoreq/digitalimagereq/digitalimagereq_5327.html

2.”Start Photo Tool”をクリック (Adobe Flash Player 10かそれ以上のバージョンがインストールされていないと動作しないようです)

3.新しいページが開きます。
さぁ、画像をUPしましょう。
”Choose Photo”を選択します。

左側に”Help”というバーがありますが、こちらをクリックすると詳しい説明文が出てきます。
参考にしましょう。

4.写真データを読み込んだら、以下のように枠に合わせます。(誰これ?)
必ずHelpを見ながら枠に合わせましょう。

5.うまい具合に枠にはまったら、”Crop Photo”をクリックすると600ピクセル×600ピクセルで切り取ってくれます
上の方にサイズが表記されています。
図の例だと72kbのJPEGファイルという事が分かります。
240kb以下なので、大丈夫という事になります。
まぁ、この図は白黒だけのシンプルな情報なのでデータ量も少ないです。

6.最後に”Save Photo”をクリックして、jpegファイルを自分のPCに保存します。

昔はこんなツール無かった気がします。
去年はあったのでしょうか???
以前は画像編集ソフトウェアを使って編集していましたけど、これで便利になりましたね~
以上です。
次回は取り込んだ写真を使って実際に申し込みをしてみましょう。
まぁ、それはとても簡単なので、ここに載せるまでも無いですか?
最後に、
くどいですが、ここに載せているのはあくまでろじろじの見解ですので、
参考にしても良いですが、自己責任でお願いします。
業者に依頼した方が時間も短縮できるしラクだって人はそっちで。
個人的にもそっちの方がラクだと思います。
でも、なんでも自分でまずはやってみるというチャレンジ精神も必要かもしれないですよ。
==============
●参考ページ●
Photo Example:

http://travel.state.gov/visa/visaphotoreq/photoexamples/photoexamples_5331.html

Digital Image Requirement:

http://travel.state.gov/visa/visaphotoreq/digitalimagereq/digitalimagereq_5327.html

Photo Tool:

http://travel.state.gov/_res/flash/cropper/FIG_cropper.html

Photo Composition:

http://travel.state.gov/visa/visaphotoreq/photocomptemplate/photocomptemplate_5330.html

Photographer’s Guide:

http://travel.state.gov/visa/visaphotoreq/photographerguide/photographerguide_5332.html

This entry was posted in 海外で仕事を見つける方法, 海外で働く - Oversea Job Experience. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>