海外で働くなら四年制大学を卒業しておいた方が良い

Share on Facebook
Bookmark this on Hatena Bookmark
Hatena Bookmark - 海外で働くなら四年制大学を卒業しておいた方が良い
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip

海外で働くのであれば4年制大学を卒業しておく事をオススメします。
なぜでしょう?
それはビザが関係します。
アメリカの場合、H1-Bという就労ビザがありますが、条件として4年制の大学を卒業していなくてはいけません。もしくはそれに同等するスキルをもっている事を証明する必要があります。
私の周りは4年制大学を卒業していなかったが為に就労ビザがとれなくて別のビザに切り替えたり、色々と大変な思いをしている方がたくさん居ました。
また、その大学で何をメジャーにしていたか、つまり何学部を卒業したのかも重要です。
大学の部門と海外で働く際の仕事、ポジションが同じ専門性でないといけません。
例えば、人文学部卒業したのにエンジニアの仕事でビザの申請を行うと許可されない可能性が高いです。
ですから、いま学生の方には次の事も考えて大学を決めて頂きたいと思います。


1.4年制大学(4年制であれば何でも良いというわけではないと思いますが、国立レベルの大学)
2.自分が将来進みたいと思っているジャンルの学部
あと実は4年制大学卒業だけでなく、大学院卒業の方がもっと有利です。
アメリカでは永住権を申請する際に、大学院を卒業していた方の方が4年制卒業の方よりも早く対応してくれます。
私は大学院には行かなかったのですが、今となっては行っておけば良かったとも思います。
今後は日本の大学を卒業したからといって誰でも就職できる時代ではなくなります。
日本の大学よりも海外の大学の方が英語も勉強できるし総合的にはパフォーマンスが良いかもしれません。

This entry was posted in 海外で仕事を見つける方法, 海外で働く - Oversea Job Experience. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>